どこまでも広い電脳世界と、果てなく奥深い現実世界の狭間で

お酒や接客を提供するバーやクラブは、外出自粛や休業要請の影響を最も受けている業種です。食事を提供する飲食店とは違い、フードデリバリーや出前サービスを使用することはできません。この業種の生き残りをかけて、完全オンラインのプラットフォームを立ち上げました。

説明を聞く

非対面非接触のオンラインバー導入なら、はしご酒オンライン

はしご酒オンラインのオンラインバーとは、非対面非接触でバーやスナックを営業できるツールです。

コロナ禍による緊急事態宣言下でもお店とお客様がつながり続け、売り上げを上げることができます。

また、遠方にいるお客様や海外のお客様とも、物理的な距離を気にすることなくつながり、来店してもらえる最強のツールです。

バーやスナック営業を非対面非接触化

課金とビデオチャットの機能を備えたオンラインシステムを使用して、バーやスナックの営業をこれまで通り続けることができます。

様々なエンターテインメントを提供

トークだけでなく、バーやスナックならではのエンターテインメントを提供しましょう。マジックや占いを披露している人もいます。

アフターコロナの新規ビジネスにも

席数に縛られず、実店舗のキャパシティ以上の営業が可能になります。海外に「常連さん」を持つこともできるでしょう。

オンラインバー開発
画面遷移図無償公開中

オンラインバーを自分たちで開発したいという方々向けに、はしご酒オンラインの画面遷移図を無償公開しています。下記ボタンをクリックしていダウンロード画面から入手してください。

無料ダウンロード

❝常連さんと繋がり続けるために導入しました❞

「外出自粛が始まった昨年(2020年)春に、常連さんとの接点を保つために導入しました。スタッフたちも協力してくれ、マジックやギターの弾き語りなどオンラインでも楽しんでもらえるオプションを多数準備しました。来店頻度が増えたお客様もいらっしゃいます」―横浜市、バー2店舗経営

❝コロナ後の業務拡大も視野に入れて導入しました❞

「元々海外からの旅行者が立ち寄ってくれることが多い店です。facebookなどで繋がっていても、リピーターになることはできない人たちです。このシステムを導入することで距離や場所関係なく営業でき、海外からの旅行者も【常連さん】にすることができると考えています」―六本木、バー3店舗経営

小規模事業者持続化補助金を利用してオンラインバーを開始しましょう

弊社にオンラインバーシステムの開発をご依頼される際には、小規模事業者持続化補助金の申請をご検討ください。
開発費の2/3が補助される可能性があります。
*この制度に関して詳しくは、ご担当の税理士や地域の商工会議所にご相談ください。

説明会開催中




    *「お名前」と「メールアドレス」は運営会社からお客様へのご連絡以外に使用されることはありません。